アマテラスチャンネル49

明日がもっと良くなる開運情報や斎藤一人さんの教えを発信するスピリチュアルキュレーションメディア

神様に上手に助けてもらう方法 / あめのみなかぬしさま(要約)

神様に上手に助けてもらう方法 / あめのみなかぬしさま(要約)

あめのみなかぬし 妙見様

あめのみなかぬし 

 

スポンサー リンク

斎藤一人さんが明かす光の玉の正体/神様に上手に守ってもらう方法

斉藤一人 柴村えみこ写真

斉藤一人 柴村えみこ写真

斎藤一人さんは日本一の高額納税者ですが、学歴は中学までしかなく、しかも生まれつきとても体が弱い方で、医者からは20歳まで生きられないと言われていました。

そんな一人さんが小学生のとき、床に伏せながら「死」について考えていると、天から光の玉がやって来て、人が死ぬとどうなるのか、人間が生きている地球とはなにかなど、いろいろなことを教えてくれたということです。

それ以後も、一人さんが疑問に感じたことがあると光の玉が現れ、一人さんの悩みを解決してくれるようになったということです。

その光の玉の正体について、ひとりさんは長年口外しなかったのですが、2017年現在、斎藤一人さんは光の玉の正体を「あめのみなかぬしさま」という神様であるとおっしゃっています。

スポンサー リンク

斎藤一人さん 神様に上手に助けてもらう方法〜私はこれであらゆる困難から守ってもらいました。

 

この記事では、斎藤一人さんが出版された著書「神様に上手に助けてもらう方法〜私はこれであらゆる困難から守ってもらいました」のCDについて読みやすく書き起こした上で要約してお伝えします。

youtubeで聴くことができるので、記事下のリンクから田宮陽子さんの朗読を聴きながらお読みください。

神様に上手に助けてもらう方法を知って大安心で生きよう

今回のテーマは、神様に上手に助けてもらう方法です。

しかも、ものすごく簡単で、効果が絶大な方法です。
このことを知っているだけで、あなたの不安や心配はあっという間に消えてしまうかもしれません。
どんなときでも、神様から守ってもらえるので、恐れがなくなり、心がブレなくなるのです。
もちろん、信じられない人は、信じなくてもいいんですよ。
とても、信じられないような話だと思いますけれど、この話を知っているだけで、これからの時代、何が起きても、大船に乗ったつもり(大安心)で、生きていけるのです。
よかったら、聞いて下さいね。

斎藤一人

スポンサー リンク

注意 斎藤一人さんは宗教とは関係ありません

この斎藤一人さんの15分シリーズCDには、というか、斎藤一人さんのyoutube音声には頻繁に「神様」という言葉が出てきますが、斎藤一人さんは宗教団体とは関係ありません。

ひとりさんが言う「神様」とは、次の項目で詳しく書くのですが、宇宙の中心の神「あめのみなかぬしさま」(外神様)と自分のなかの内在神「内神様」(潜在意識に近い存在)であり、特定の宗教が崇拝する偶像とは無関係の神です。

(あめのみなかぬしさまは宇宙の創造神ですが、神というよりは宇宙そのものや原理・道理に近く、布施や信仰心が必要な神ではありません)

といっても斎藤一人さんは別に宗教を批判している分けではないので、もしあなたが何かの宗教に帰依している場合でも、このお話を聴くことは問題ありません。あしからず。

この15分間シリーズは、斎藤一人さんの大切な教えをたった15分間で伝えられないか?
という趣旨で始めたものです。もちろん、15分間では伝えきれずに、30分や40分になるテーマもありますが、あくまでも出来るだけ解りやすくお伝えしたいということで、始めました。
これからも、いろいろなテーマで15分間シリーズを出していきますので、どうぞよろしくお願いします。
この本には、神様という言葉が出て来ますが、何かの宗教とは全く関係がありません。
安心して読んで下さいね。
もちろん、宗教を否定するものではありませんから、あなたが宗教をやっているのなら、楽しくやっていってください。
それから、ここに出てくる神様は、あなたの中に神がいるということで、「内神様」のことです。(詳しくは「神様に上手にお願いする方法(KKロングセラーズ)」をお読み下さい。
この内神様って、すごく便利で、お賽銭も全然いりません。
内神様にお礼がしたいという時は、あなた自身が美味しいものを食べたり、素敵なものを買うとか、あなたが楽しくなることをすれば、内神様に対するお礼となります。
安心して、気軽な気持ちで読んで下さいね。

2種類の神様 あめのみなかぬしさまは外神様

斎藤一人さんのお話の中で出てくる「神様」ですが、①外神様「あめのみなかぬしさま」と②内神様「潜在意識・真我」(神の分け御霊)の2種類があることを理解してくださいしてください。

①あめのみなかぬしさま

これは「古事記」の天地開闢のときに現れた宇宙の創造神であり、アッラーやヤハウェ、ブラフマー、盧遮那仏、大日如来、妙見様と同一の存在です。

あめのみなかぬしは宇宙の大霊と言われており、今も宇宙の原理を司っています。

個人的には老子の「道(タオ)」とも深い関係があるのではないかと考えています。

②潜在意識・真我

潜在意識・真我を指す内神様はもともとあめのみなかぬしさまが私たち一人一人にくださったものです。もともと宇宙の大霊であるあめのみなかぬしさまから分けていただいた魂なので、これを「神の分け御霊」といいます。

外神様と内神様の関係はひとりさんによれば、ちょうど電話の親機と子機のような関係であるらしく、私たちは神の分け御霊を通じて宇宙の中心に存在するあめのみなかぬしさまに交信することができるということです。

スポンサー リンク

今回のテーマに入る前に、まずは、神様のことについておさらいをしておきたいと思います。
一人さんの話には、よく「神様」という言葉が出て来ますが、
基本的な考えとして、神様には2種類あります。

一人目が「外神様」。外神様は、この世を創造してくださった、大本の神様で、宇宙の中心になっている神様です。
これを、天の中心にひとつだけ存在する絶対神ということで、日本的に言うと
「天之御中主様(アメノミナカヌシサマ)」と呼びます。
天之御中主様のことは、大本のでっかい霊ということで、大霊とも言います。
また、アラーと呼ぶ人もいるし、ヤハウェと呼ぶ人もいるし、大日如来とか、盧遮那仏と呼ぶ人もいます。
呼び方はいろいろですが、どれも、大本の神様のことを言っているのです。

さて、二人目の神様ですが、これは、あなたの中にいます。
あなたの中にいる神様のことを、「内神様」と言います。
天之御中主様は、私たち人間ひとりひとりに、「分け御霊」というものを下さっています。
この、分け御霊のことを、真我とか、超意識と呼ぶこともあります。
この、分け御霊のことを、内なる神として「内神様」と呼んでいるのです。
内神様は言ってみれば、電話機の子機のようなものです。
私たちは、自分の中にいる内神様(子機)を通じて、宇宙の中心の神様(本体)と繋がっているのです。
だからあなたは、いつでも神様と一緒にいるんですよ。
このことをおさえた上で、いよいよ本題に入りましょう。

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。
この「運命の星占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれる、最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。


運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみてください!

【1ページ目】 【2ページ目】 【3ページ目】

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

神様に上手に助けてもらう方法 / あめのみなかぬしさま(要約)
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 斎藤一人さん