アマテラスチャンネル49

明日がもっと良くなる開運情報や斎藤一人さんの教えを発信するスピリチュアルキュレーションメディア

芥川賞 「コンビニ人間」の感想 村田沙耶香著

芥川賞 「コンビニ人間」の感想 村田沙耶香著

コンビニ人間の書評

芥川賞の村田沙耶香さん著 「コンビニ人間」を読みました。

昨年の芥川賞だった、又吉さんの「花火」ほどのインパクトはないですが、芥川賞らしい、受賞すべくして受賞した作品だなと言う感じです。

スポンサー リンク

コンビニ人間のあらすじ

 

作者の村田沙耶香さん自身が現在もコンビニで勤めているという体験を濃厚に反映しており、主人公のアラサー女性が、コンビニでのバイト生活を通じて、自分を取り巻く環境や、そのさらに奥にある世の中の「空気」のようなものをうまく書き出しています。

以下あらすじ

36歳未婚女性の主人公、古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、彼氏もできないまま、コンビニのバイトを18年間続けている。

恵子は幼い子らから他人との共感ができず、(アスペルガー症候群?)自分の生活に明確なマニュアルを求めるような人間性をしている。

周囲からも結婚を心配される中、勤務先のコンビニにアルバイトの中年男性、白羽が現れる。ふとしたことから偽装結婚のような同棲生活をする二人だが、恵子は自分のアイデンティティが既にコンビニという機能の一部になってしまっていることに気がつく・・・

概ねこんな内容なのですが、登場する白羽という自他ともに認める「底辺男性」のクズっぷりが真に迫っていてそこだけでも読み応えがあります。

芥川賞作品 「コンビニ人間」の詳細はこちら

この作品の読みどころ

まさしくコンビニ人間というか、生活そのものがコンビニの部品になってしまっている主人公を丁寧に描写している点です。

コンビニ人間である作品の主人公女性は、幼いとき、鳥の死んでいるのを見て、お母さんに「これを家に持って帰って食べようよ」といったというエピソードがあります。

主人公の特異性を際立たせようという企図の描写なのですが、これだけ読むと私などは「ああ、また変わった主人公の話ね」と逆に陳腐に感じてしまいます。

しかし、それでもコンビニ人間に魅力を与えているのは、コンビニ人間である主人公の考え方や、生活など、まさに「コンビニの部品」と化してしまっている主人公の生活や考え方、またコンビニでの彼女の働きを一つ一つ丁寧に描写しており、一見ありがちな「変わった主人公・他人との共感がうまくできない私」というキャラクターに厚みを与えていることでしょう。

スポンサー リンク

女性の貧困というテーマ

芥川賞は、毎年、その時代を鋭敏に描いた作品に付与されることが多い文学賞です。

昨年「花火」とともに芥川賞をとった「スクラップ・アンド・ビルド」は老人の介護と若者の貧困という現代的なテーマをど真ん中から狙いにいった明らかに芥川賞を意識した作品でした。

それと同じくらい現代のテーマとなっているのが「女性の貧困」です。

36歳になって彼氏もなく、18年も同じコンビニで働くちょっとアスペな恵子の生活を通じて、現代社会が抱えている社会問題の匂いを芳醇な作品に昇華させた手腕は村田沙耶香さんの実力を感じさせました。

現代文学は結局「異邦人」に帰結する?

やや飛躍するようですが、近現代の文学というのはアルベール・カミュの「異邦人」に端を発しているようなところがあります。

というのは、「異邦人」の主人公「ムルソー」は母が死んでもいまいち悲しくならないような、他人と共感できない(他人と違った特殊な考え方を持つ)主人公です。

この手の「他人と共感できない主人公」というのが、現代のアニメでもライトノベルでも多用される主人公のテンプレートとなっているのです。

コンビニ人間の恵子も、他人との共感が苦手で、やはりムルソーと被る部分があります。しかし上にも書いたように、村田沙耶香さんの実体験に基づいた描写や、恵子の心理描写、白羽の動作などを丁寧に書き込んでいくというリアリズムが、この「コンビニ人間」を非凡な作品にしているのです。

と、やや理屈っぽいことを書きましたが、お話としてもとてもおもしろいので、ぜひ興味のある方は書店でお読みください。「コンビニ人間」

芥川賞作品 「コンビニ人間」の詳細はこちら

オススメ記事:織田信長は26歳で天下を取った

スポンサー リンク

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。
この「運命の星占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれる、最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。


運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみてください!

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

芥川賞 「コンビニ人間」の感想 村田沙耶香著
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 書評