アマテラスチャンネル49

明日がもっと良くなる開運情報や斎藤一人さんの教えを発信するスピリチュアルキュレーションメディア

正月飾りはもう飾った?門松・しめ飾り・鏡餅の由来と意味

正月飾りはもう飾った?門松・しめ飾り・鏡餅の由来と意味

お正月の門松の由来

お正月の門松の由来

スポンサー リンク

お正月の由来

 

お正月は古来より、「歳神様を招いて五穀豊穣を願う行事」として、現在まで受け継がれてきました。

歳神様とはどのような神様かというと、年の始まりに山より降りて家々へと幸せと実りをもたらします。

歳神様の「歳(とし)」は、稲等の穀物、その実りを意味しており、歳神様を招く事でその1年は食べ物に困らずに過ごせると言われています。

つまり歳神様は稲の実り、豊穣をもたらしてくれる新年の神様なのです。

因みに、「歳神様は日の出と一緒に降臨する」と言われています。山から登ってくる初日の出を見ると幸せになれると言われているのは、この事からでしょう。

スポンサー リンク

歳神様と正月飾りの関係

 

お正月の準備を始める日にちは、関東地方と関西地方では少し違います。関東地方では12月8日より、関西地方では12月13から始まるのです。

そしてそれぞれ12月28日までには、お正月の準備を済ませる事になります。

歳神様をお迎えしお祝いする為にも、正月飾りは欠かせません。正月飾りで代表的な物は、門松やしめ飾り、鏡餅です。

こうした飾りを家々に置いておく事で、歳神様はそれを目印として各家へと訪れる事ができます。

スポンサー リンク

歳神様の目印となる正月飾りにはどんな物があり、そしてどのような飾る意味があるのかをご紹介しましょう。

また、正月飾りを飾っておく期間についても解説します。

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。
この「運命の星占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれる、最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。


運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみてください!

【1ページ目】 【2ページ目】 【3ページ目】 【4ページ目】

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

正月飾りはもう飾った?門松・しめ飾り・鏡餅の由来と意味
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 豊かな生活