アマテラスチャンネル49

明日がもっと良くなる開運情報や斎藤一人さんの教えを発信するスピリチュアルキュレーションメディア

感謝してます!の言霊で奇跡は起こる 斎藤一人著「運命は変えられる」の書評

【1ページ目】 【2ページ目】

感謝してます!の言霊で奇跡は起こる 斎藤一人著「運命は変えられる」の書評 

斉藤一人著の「運命は変えられる」感謝してます!の言霊で奇跡は起こる

斉藤一人著の「運命は変えられる」

スポンサー リンク

今回ご紹介する斎藤一人さんの本は『運命は変えられる』です。

この著書の中で斎藤一人さんが述べられているのは、運命は変えられるということであり、変えるためには「感謝してます」という言葉を発するということです。

皆さんは「運命」という言葉を聞いて変えられるものと思うでしょうか。

変えられないものと思うでしょうか。

一方の人はこの世で起こることは「運命はガチガチに決められてしまっているので変えようがない」と思い、一方の運命論者は「運命がある」と言います。

「感謝してます!」の言霊で運命はいくらでも好転する

斎藤一人さんの教えの根底にあるのは、

「運命は変えることができる。そして、運命はいくらでも好転できる」

という考えです。そのため、この著書は「運命は変えられる」ということを前提に話が進んでいきます。

スポンサー リンク

この書籍の中で繰り返し述べられているのが、「感謝してます」という言葉には人生を変える力があるということです。

たとえば、自分に横柄な態度をとる嫌な上司がいたとしても、回りを見渡すと、決してそんな人ばかりではなく、優しくしてくれる方も多くいる。職場の全ての人が自分にとって「嫌な人というわけではではない」という事実がある。

まず、このことに感謝出来ます。

そして、回りの方に感謝ができるのは、嫌な上司がいてくれたお陰であるということに気付いた時に上司に対しても「感謝してます」という言葉を言うことができますよということを斎藤一人さんは説明しています。

また、とても不思議なのですが、「感謝してます」といわれた上司はそれを機に態度が変わることがしばしばあるということです。

斎藤一人さんのお弟子さんの遠藤さんという方はかつて自動車の教習所で働いていましたが、自分をいじめる上司に「感謝してます」と言ったところ、その日から逆に可愛がられるようになったということです。

他にもこんな例があります。

癌にも感謝する理由

スポンサー リンク

病院で検査を受けたら胃にゲンコツぐらいの大きさの癌が見つかったとします。

その時に「なぜ、自分だけこんな目に合うのか」ということを考えて悲しくなります。

でも、見方を変えるとそれ以外のところはがんではないということに気づきます。

髪の毛や首、腸は癌でなない。

この癌ではない部分がたくさんあるということには当たり前だと思い、感謝することはありません。

だからこそ、癌ではない部分に対して感謝することで「自分の感謝のなさを教えてくれたのはがんである」ということに気づき、癌にまで感謝をすることになります

そして、また不思議な話なのですが、癌ではないことに感謝し、そのきっかけをくれた癌に感謝すると、不思議と大元の癌の状態も不思議に治り始めるということです。

【1ページ目】 【2ページ目】

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

感謝してます!の言霊で奇跡は起こる 斎藤一人著「運命は変えられる」の書評
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 書評