アマテラスチャンネル49

明日がもっと良くなる開運情報や斎藤一人さんの教えを発信するスピリチュアルキュレーションメディア

斎藤一人さんが帯を書くホスト 「信長」さんとは?シャンパンタワー交渉術の著者の素顔

【1ページ目】 【2ページ目】

斎藤一人さんが帯を書くホスト 「信長」さんとは?シャンパンタワー交渉術の著者の素顔

斎藤一人さんが帯を書くホスト 「信長」さんとは?

斎藤一人さんが帯を書くホスト 「信長」さんとは?

スポンサー リンク

 

少し前から斎藤一人さんが紹介されている歌舞伎町のホスト「信長」さんについての記事です。

ご存知の通り、斎藤一人さん関係の本はそれだけで書店にコーナーができるほど、様々なお弟子さんが書いた様々な著書があります。

どれも良い本なのですが、基本的に斎藤一人さんの教えを多角的に理解するという用途には良いものの、何冊も読んでいると当然ながら重複しているところが多く、次から次へとお弟子さんによる新しい本が出るのでどうしても消化不良になってしまいます。

しかし、今回ご紹介する「信長」さんは斎藤一人さんのお弟子さんではないので、斬新な内容です。

私としては、歌舞伎町のホストというとちょっとオラついていて怖いようなイメージがあり、なぜ斎藤一人さんが推薦するの? と初めは疑問に思いましたが、信長さんの著書を読み進めるうちに、「なるほどな」と斎藤一人さんがオススメする理由がわかったような気がしました。

スポンサー リンク
斎藤一人のカリスマホスト信長とは? 年齢学歴経歴

カリスマホスト信長とは?

カリスマホスト信長とは

 

生年月日:1978年生まれ 5月25日生まれ(年齢:38歳)

学歴は早稲田大学卒業、年収は3000万円を超えているとのことです。新宿歌舞伎町のホストクラブ「ロマンス」の代表であり、トップホスト。

しかし外見はどこかサラリーマンっぽく、受け答えも社会人みたいだと言われホストになりたての頃は異端児扱いされていたようです。

ホストとしては珍しく読書家で年間に1000札のビジネス書を読破される信長さん。
著書に何度も出て来るフレーズに、ホストとは自分という商品だけで商売する最高のコミュニケーション能力の商売だというものがあります。

仕事での売り上げや、お客さんとの良い関係を保つために会話術や心理学を磨く、熱心さが信長さんが書いた本を読んでいると伝わってきます。
職業は全く違いますが、読書家という点では斎藤一人さんと共通しています。

スポンサー リンク
信長著 シャンパンタワー交渉術 感想書評おすすめ

信長さんのシャンパンタワー交渉術とは

 

シャンパンタワー交渉術とは

 

さて、そんな信長さんの著書ですが、内容はいろいろなビジネス書からの引用も多く、多岐に渡りますが、私が感じたもっともコアなメッセージは

「信用のシャンパンタワーを積み上げる」「信頼の残高を増やす」というものです。

お客さんの情報をしっかり覚えておく、時間に正確である、約束を破らない
そういう小さなことの積み重ねで、お客様との信頼関係を築いていく。

そうやって信頼のシャンパンタワーを構築することが、信長さん成功法則だということです。

著書のタイトルにはシャンパンタワー交渉術とありますが、これは交渉術というよりも「シャンパンタワー経営術」のほうがしっくりくるような気がします。

いずれにして著書はとても良い内容なので、ホストや水商売という職業に偏見を持たず、斎藤一人さんのご推薦を信じてご一読されることをお勧めします。

スポンサー リンク

経済と人間関係を学ぶ最高の教材

斎藤一人さんは人の魂がこの世にやってきたのは大きく分けて二つのことを学ぶためだとおっしゃいます。

このブログでも何度も書いているのでご存知かもしれませんが、

それは「経済」と「人間関係」です。

「人間関係」は言わずもがなですが、「経済」とはマクロ経済などいわゆる大学で学ぶ経済学ではなく、自分を養う商売や、お金儲けの術を学ぶという意味です。

信長さんの著書を読むと、斎藤一人さんが学べとおっしゃる「経済」と「人間関係」を一度に吸収することができます。

普段斎藤一人さんのお弟子さんが書いた、やや精神論に偏重しがちな著書をよく読まれている方ほど、信長さんの著書は歌舞伎町の厳しい世界で通用する現実的なノウハウは新鮮で面白いでしょう。
(斎藤一人さんが信長さんを推薦される背景には、そういった配慮もあるのかもしれませんね。)

【1ページ目】 【2ページ目】

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

斎藤一人さんが帯を書くホスト 「信長」さんとは?シャンパンタワー交渉術の著者の素顔
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 斎藤一人さん