EVOLVEのアグロは、イボルブのクライミングシューズの中でもっともアグレッシブなダウントゥシューズです。

こんな人におすすめ

  • 強傾斜のプロジェクト用にシューズを探している
  • 耐久性の高いダウントゥシューズを探している
  • 足幅が広くても履き心地のいいシューズを探している

  • トータルスコア
    72 / 100
    • エッジング: 6
    • ヒール: 8
    • 履き心地: 7
    • 強傾斜: 9
    • 足裏感覚: 6

    イボルブ アグロの特徴
    ストラップベルクロ
    トゥタイプ強ダウントゥ
    シェイプターンイン
    ソールTRAXラバー4.2mm
    アッパー素材高通気性ファブリック
    クライミングタイプ強傾斜ボルダリング / リードクライミング(シングルピッチ)

    イボルブアグロを徹底分析

    シェイプ

    イボルブ アグロを一目見ると「トゥボックスのラバー」がとても印象的です。ごつい見た目のとおり4.2mmの分厚いラバーに覆われています。

    分厚く硬いラバーは外岩向きで、耐久性にも優れています。ターンインしたダウントゥシューズで、強傾斜クライミングで力を発揮します。

    つま先は広めに作られているので、足幅の狭い人にはフィットしにくいかもしれません。

    履き心地

    イボルブアグロの最初の履き心地は、硬すぎて足に合わない印象でした。しかし履き続けてすぐに柔らかくなり、足入れも履き心地もいい感じになじんできます。

    とはいえトゥ全体がラバーに覆われているため、あまり伸びのいいシューズではないので、あまり攻めたサイズで購入するのはおすすめしません

    おろしたてのシューズしか試し履きしていない人は、使い込まれたアグロを試し履きしてみるのをおすすめします。

    エッジング

    アグロのターンイン&ダウントゥしたトゥは、強傾斜でその真価を発揮します。反対にスラブや90°の垂壁にはベストではないでしょう。

    特にポケットホールドへのかかりの良さに関する高い評価をよく目にします。反対に極薄や粒ホールドに乗るには不向きな印象です。

    ヒール/トゥフック

    アグロのトゥフックは言うまでもなく高性能です。ラバーの剛性もあり、しっかりかかるし痛みが生じる心配もありません。

    ヒールカップは狭めなので、フールフック時にシューズの中が足がずれることもなくバッチリきいてくれます。ただ狭いヒールカップが合わない人には、履き心地もフィット感もよくなくなります。

    足裏感覚

    イボルブアグロのソールは4.2mmとかなり分厚いラバーが使われています(ソリューションのソールの厚さが3.5mm)。

    しかしアグロに使われているTrax SASラバーは比較的柔らかいので、分厚さと剛性を維持しつつ、ある程度の足裏感覚のよさを実現しています。

    結論

    アグロはダウントゥシューズでターンインした、アグレッシブシューズです。

    強傾斜ルートやボルダリングのプロジェクトがある人にはおすすめです。足幅が広くてかかとが狭い人は、足にフィットするシューズでしょう。