よく当たる相性占い?27宿で見る宿曜占星術とは

宿曜占星術とは
宿曜占星術とは
占いと占星術

宿曜占星術とは

宿曜占星術とは

 

宿曜占星術という占いを皆さんはご存知でしょうか?宿曜占星術とは、東洋における星占いのことです。西洋占星術、つまり星座占いと、基本的には同じ仕組みの占い方法です。この宿曜占星術は東洋で初めて、実際の星を用いた占い方としても有名です。

この宿曜占星術は、インドのホロスコープをもとに作られた占いであると言われています。その占い方法は空海が翻訳し、日本に伝えました。発祥の地はインド、もしくは中国であると言われていますが、はっきりとはしていません。また、日本に伝来してからは独自の発展を遂げたため、日本の占いであるとの見方もあります。

宿曜占星術の占い方は簡単で、西洋の星座占いと似ています。異なる点は、宿曜占星術では27個の星が用いられるということです。27個の星は宿と呼ばれ、それぞれ昴宿や参宿などといった名前が付いています。

当たりすぎて隠された宿曜占星術

宿曜占星術は、非常に良く当たる占いです。

その的中率の高さから、使用禁止令が出されたこともあるくらいです

織田信長や徳川家康などをはじめとする、歴史上の偉人たちもそろってこの占いを用いていました。当時はまだ政治と占いが密接に関係しており、重要な政策を占いで決めることも多くありましたが、その中でも宿曜占星術は的中率が非常に高く、人気があった占いなのです。

しかし、その的中率の高さから、権力者たちは宿曜占星術を危険視していました。政治的に悪用される危険性があるからです。実際に徳川家康は宿曜占星術の使用を禁止したとされています。

宿曜占星術で相性の良い組み合わせ

宿曜占星術では、生年月日によって27の宿に分類されます。その宿によって性格や吉凶などを占うことができるのです。また、組み合わせによって相性を占うこともできます。

宿の組み合わせにはそれぞれ名前がついています。すべての組み合わせが、「命」、「業・胎」、「栄・親」、「友・衰」、「安・壊」、「危・成」のどれかに分類されます。

「命」が最も相性が良く、続いて「業・胎」も非常に相性が良いとされています。

相性の良い組み合わせは、お互いの宿の距離が近いということなのですが、この二つの組み合わせはとても距離が近いのです。

宿曜占星術で相性の悪い組み合わせ

組み合わせの中には、相性の悪いものもあります。

「危・成」の関係は両者の正確が正反対であることを表します。なので、自然と衝突してしまうことが多いでしょう。うまくかみ合えば、良い関係となることもありますが、多くの場合はあまりうまくいかないでしょう。

「安・壊」の組み合わせは宿敵の星であると言われています。この組み合わせは、どちらかがもう一方を支配しようとしてしまうからです。縁が深いので、惹かれあう相性ではあるのですが、お互いを傷つけあう関係となってしまいがちです。

人との相性を見る時は宿曜占星術を

宿曜占星術は人の正確や吉凶などを占う占術ですが、その中でも特に相性占いは良く当たると言われています。

それは、互いの宿の関係性や距離感によって相性を占うからです。宿は27個ありますから、より複雑に的確な占い結果が導き出されるのです。

みなさんも、人との相性を見たいときは的中率の高い宿曜占星術で占ってみることをおすすめします。

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。