1ページ 2ページ

オオクニヌシとは?出雲大社にお祀りされる神・大国主命について謎や神話も解説

出雲大社,オオクニヌシ,祭神,祀る
出雲大社にお祀りされるオオクニヌシとは?関係性にまつわる謎も解説
出雲大社

オオクニヌシとは?記紀に登場する日本神話の神

日本神話,記紀,日本書紀,古事記,神道,神社

古来から信仰されてきた日本神話

日本神話を語る記紀とは?

皆さんも読んだことはなくても名前は耳にしたことがあると思います。『日本書紀』『古事記』。7世紀に天皇の命令で作られた神代(じんだい)の時代(世界が創造された神話時代)からの日本の歴史を語る歴史書です。7世紀というとだいたい聖徳太子が活躍した頃と想像してもらうと分かりやすいでしょう。この2つの同時期に編纂された書物を合わせて『記紀』と呼んでいます。この記紀には天地がどのようにして作られ、神々がどのように日本を平定し、どのように天皇家の系譜が紡がれてきたのかという神話や伝説と言われるものを多く含んでいます。多数登場する日本神話の神々の一柱がオオクニヌシです。

記紀に描かれるオオクニヌシとは?

オオクニヌシは『日本書紀』ではヤマタノオロチ退治で有名なスサノオの息子として描かれています。一方『古事記』ではスサノオの孫として描かれています。とにかくスサノオの子孫という立場です。天津神が住まう高天原から追放されたスサノオの子孫・オオクニヌシは日本土着の神・国津神にあたります。

編集部
関連記事では天津神と国津神の違いについてご紹介!

国津神と天津神とは?日本神話に登場する神々の分類を解説

2018.09.24

オオクニヌシは天地開闢以来未開の地であった国土を生活に必要な農耕や漁業などの知恵を与えることで開拓していきました。そして葦原中国(あしはらのなかつくに)を作り、自ら治めました。また医薬の知識に造詣が深く、身体の皮を剥がされた因幡の白兎を助けた伝説など、医薬に関する有名な伝説が残っています。このことから記紀ではオオクニヌシは農耕・開拓神医薬神として描かれています。

オオクニヌシは‘大国主’と記し、偉大なクニの長でした。しかし高天原から使者の天津神が降りてきて、オオクニヌシが治める葦原中国を天照大神の子孫へ譲ってくれるよう頼みます。オオクニヌシは自分の息子・コトシロヌシに交渉するよう断りますがコトシロヌシは承諾してしまいます。そこで今度は怪力を誇るオオクニヌシの息子・タケミナカタと使者のタケミカヅチが力勝負をしますがこちらもタケミナカタが負けてしまい、オオクニヌシは天照大神の子孫にクニを譲ることになります。クニを開拓し、クニを支配し、天孫へクニを譲った国津神が記紀でのオオクニヌシの姿です。

出雲大社とオオクニヌシの関係性とは?

天照大神の使者,オオクニヌシ,国譲り,交渉,稲佐の浜

天照大神の使者とオオクニヌシが国譲りの交渉をした稲佐の浜

記紀において出雲は上記でご紹介した国譲りの舞台となりました。天照大神の使者は現在出雲大社の裏にある稲佐の浜に降り立ちオオクニヌシに交渉を持ちかけました。また使者や息子の報告を聞き、最終的に国譲りを承諾したのもこの出雲の稲佐の浜でした。

出雲大社はオオクニヌシを祀る神社

出雲大社,オオクニヌシ,祭神,祀る

古代神話を語り継ぐ出雲大社

オオクニヌシはクニを譲る条件を一つ出します。‘高天原の神々のように、このクニに自分が住まう立派な宮殿を建ててほしい’。高天原の使者はそれを承諾し、オオクニヌシが住まうために宮殿を建てました。その宮殿が出雲大社だと言われています。現在の出雲大社の本殿は高さ約24m。これでも他と比較すると大きな神社ですが、平安時代には高さ48mと現在の2倍はあったという記録も残されています。またそれより古くは約96mあったという伝承も伝わっています。そして今もなお出雲大社はオオクニヌシを祀る神社としてたくさんの参拝者が訪れます。

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。