結婚線とは?結婚運を占う手相の見方を解説

結婚線,結婚運,手相,見方,解説
結婚線とは?結婚運を占う手相の見方を解説
手相

結婚線とは?結婚の年齢や幸福度を占う線

手相,結婚線,見方,意味

結婚線とは?結婚の年齢や幸福度を占う線

手相占いでは、未来の事を占う事が多いですが、結婚もまた未来の恋愛運と考えることも出来ます。結婚線って一体どこにあるのでしょう?テレビで話題になったこともあるそうですが、結婚線って一体何でしょうか

結婚線からは、見る人が見れば色々な事がわかるそうですが、例えば、いつ結婚できそうなのかがわかります。結婚の時期がわかると言う事は、自分が何歳頃結婚出来るかがわかると言う事です。ただ、中には結婚線の数が多い人、結婚線が全くのゼロの人など、プロでないと判断がわかりづらい面もあります。

また、結婚線の向きいかんでも、結婚後幸せな毎日を送れるかどうかが決まるそうです。将来離婚の可能性があるかどうかも結婚線からわかるとすれば、かなり期待は高まりますね。最近は婚活をされる方も多いようですが、もしかすると婚活成功者の方には、結婚線も良い状態で現れているのかも知れません。

結婚線からわかること

手相,結婚線,見方,意味

結婚線からわかること

結婚線は、どんな形状か太さかによっても、恋愛や結婚の運を占える方法です。結婚後幸せな生活が送るかどうかがわかるようになっているのですね。結婚線の本数がいくつくらいあるのか、上と下どちらに伸びているか、枝分かれの有無は?など、結婚運を占う種類も沢山あります。

そもそも結婚線って、どこの位置にある線なのかが、自分で見た時に良くわかりませんよね?プロに見てもらうと言う方法もありますが、自分でもある程度知りたい所です。特に女性は遺伝子レベルで占いが好きなのだそうですから、出来るなら自分で占ってみたいという人も多いでしょう。

結婚線と言うのは、手相で言う感情線と小指の間にある、短い横線のことです。この短い線から、結婚観や自分が本当に結婚したいと思っているかなど、気持ちを探る事が出来ます。

手相で有名な感情線、生命線、頭脳線などをご存じの方なら、すぐに見つかるでしょう。結婚線の位置は、左手の上の方にある上向きの長い線=感情線と小指の付け根の間にある短い横線です。ここの線の形状や長さなどを見て、プロの占い師は結婚運を占ってくれるのですね。

結婚線の太さや長さなどをチェック!

手相,結婚線,太さ,長さ

結婚線の太さや長さなどをチェック!

結婚線が太くて長くて、見た目にもはっきり見える場合は、結婚運が良い方で、結婚後も幸せに暮らせる手相と言われています。特に、結婚線が上に向いている状態でかつ、財運線と交差している場合は、結婚運だけでなく金運もアップする素敵な手相だと言われます。更には、線が上を向いているなら、幸せな結婚が出来るとも言われます。また、赤みを帯びている線が出たなら、結婚の時期が迫っていることを示していて、中には星=スター、フィッシュなどの紋が出る人もいて、この紋章が出ていたら、まず幸せな結婚をする事が出来るでしょう。

対して、結婚線が下に向かって伸びている場合は、自分の中で結婚をネガティブな物と考えている、もしくは、パートナーへの信頼度が下がっている事がわかります。もし既婚者であれば、離婚の可能性もありますし、恋愛中の人は別れ話になるかも知れません。ただ、下向きであっても、自分の考え方などを変えるだけで、結果も変えることが出来ます。まずは、手相より何より、相手との話し合いが必要だと言う事かもしれないですね。

以下に、自分でもわかる簡単な手相の見方をご紹介しますので、占い好きな方は参考になさって下さい。

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。