アマテラスチャンネル49

スピリチュアルな開運情報を発信

節分にはなぜ豆をまくの? 豆まきの由来や意味

【1ページ目】 【2ページ目】

節分にはなぜ豆をまくの? 豆まきの由来や意味

節分にはなぜ豆をまくの? 豆まきの由来や意味

豆まきの由来や意味

日本古来より伝わる、二月初めの行事「節分」の由来

スポンサー リンク

日本古来より伝わる「節分」。

これを知らない人は日本国内にそうはいないでしょう。ですがくわしいやり方や由来、何故豆をまいたり鰯や柊を扱ったりするのかまでを知っている人は多くありません。

まず、「節分」という言葉の意味は文字通り、「季節を分ける」というものです。

そういう意味では春夏秋冬あるわけですから、節分も4回あることになってしまいますが、ここでの節分とは季節の一巡を分ける、という意味でもあります。

古来日本では立春より一年が始まるとされていました。なので立春の一日前、だいたいにおいて2月3日が「節分」とされるようになったわけです。

一般的に節分に行われる行事で有名なのが、「豆まき」でしょう。

今でも多くの家でやっていると思います。

子供がいる家族などの場合、お父さんが鬼の面をかぶって、子供たちが「鬼は外」と言いながら豆を投げつける、などという光景が見られますね。

節分の豆まきの由来は悪霊払いの「ついな」

スポンサー リンク

そして歳の数だけ豆を食べ、鰯や柊を飾る、これが一般的な家庭的な節分行事でしょう。

元はといえばこの行事、由来は「ついな」と呼ばれる悪霊払いの行事から発展して生まれたと言われています。

これは季節の変わり目には邪気が生じやすいという考え方から。

豆を使うのは、それを投げて鬼の目を潰して災厄を追い払うというわけです。

節分の豆には魔除けの力が宿る

「豆」が「魔目」の語呂あわせからというおもしろい説もありますね。

他に「魔滅」からだというのもあります。

ともかく、豆は厄除けの能力をもったもの、という認識が昔からあったようですね。

それを武器のように使い、おそろしい鬼すらも退治するというのは興味深い話です。

スポンサー リンク

同様に、鰯、柊も魔を退ける力があると考えられていたようで、だから同じく節分の日に扱われるのですね。

柊(ひいらぎ)の葉 節分に用いる魔除け

柊(ひいらぎ)の葉

ただこれは地域によって伝わり方が違い、「鬼はくさい匂いの鰯が嫌い」という話もありますし、逆に「鬼は鰯の匂いが好きで近づいてきて、柊の尖った葉で目を突いて逃げ出す」という話も聞いた事があります。

 

《2017年下期 ルーツから紐解く、あなたの運命》 私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。 あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。 『運命のオーラリーディング』では、2017年下期にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。 今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。 近日中に起こる運命を知りたい方は、今すぐ 期間限定『全員0円』をお試しください!

【1ページ目】 【2ページ目】

※記事が複数のページに別れている場合、続きのページはこちらからお読みください▲

節分にはなぜ豆をまくの? 豆まきの由来や意味
この記事をお届けした
アマテラスチャンネル49の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

 - 豊かな生活