大祓詞(おおはらえのことば)で罪穢れを祓う!祝詞の意味や効果について解説!

知っておきたい 大祓詞
知っておきたい 大祓詞
スピリチュアル

日本人なら知っておきたい大祓詞(おおはらえのことば)

知っておきたい 大祓詞

知っておきたい 大祓詞

大祓(おおはらえ)の意味について解説

大祓(おおはらえ)という言葉をご存知ですか?

六月に神社に行くと大きな輪が祀ってある光景を見たことがあると思います。

あれは「夏越の大祓」言って、茅の輪くぐりをすることによって、元旦から半年経って付着した罪穢れを祓う儀式です。

大祓えは昔から半年ごとに行われており、夏越しの大祓えから半年後の大晦日に「年越しの大祓」を行います。

この記事でご紹介する大祓詞(おおはらえのことば)は半年ごとの大祓の儀式で奏上されていた祝詞です。

唱えた人の罪や穢れを祓い、言霊のように潜在意識を浄化する効果があります。

知っておきたい 大祓詞

知っておきたい 大祓詞

 

大祓詞(おおはらえのことば)とは

 

大祓詞(おおはらえのことば)とは、前述のとおり、年に二回ある「大祓(おおはらえ)」で唱えられていた祝詞(のりと)です。

ちなみに大祓詞を唱えていたのが、中臣鎌足などの中臣氏です。

中臣氏はその後天皇から「藤原」という名前をもらい、平安時代を風靡した藤原氏が誕生します。

なので、大祓詞を中臣祓と呼ぶこともあります。

藤原氏となった中臣鎌足

藤原氏となった中臣鎌足

 

大祓詞(おおはらへのことば)の効果

大祓詞(おおはらへのことば)には浄化の効果

大祓詞(おおはらへのことば)には浄化の効果

大祓詞はとても長く、一度唱えるのに結構な時間がかかりますが、唱えると自分の罪、穢れを祓う効果があります。

大祓詞を唱える効果は、斎藤一人さんの「お守りの言霊」ととてもよく似ています。

あめのみなかぬし様 「神様が助けやすい体質になる方法 」【斎藤一人さんの言霊】

自分の潜在意識の奥底にある本当の自分(魂)であり、神の分け御魂、ハイヤーセルフとも呼ばれる「真我」についた心のゴミを掃除してくれます。

別の記事で穢れ=「気枯れ」とであり、気が枯れてエネルギーがなくなっていることが穢れの状態であるとかきましたが、これに対して「罪」は「包み」を意味し、自分の「真我」を包んでいる不純物を意味します。

大祓詞を何度も唱えることで自分の中に天からのエネルギーを下ろし、穢れをなくし、罪は薄らぎます。

穢れとは気枯れ ケガレの本当の意味とイヤシロチの力

 

大祓詞の本文

大祓詞(おおはらへのことば)本文

大祓詞(おおはらへのことば)本文

それでは、実際に大祓詞を見てみましょう。

大祓詞

高天原に神留まり坐す 皇親神漏岐神漏美の命以て 八百万神等を神集へに集へ給ひ 神議りに議り給ひて 我皇御孫命は 豊葦原瑞穂国を 安国と平けく知食せと 事依さし奉りき 此く依さし奉りし国内に 荒振神等をば 神問はしに問はし給ひ 神掃へに掃へ給ひて 言問ひし磐根木根 立草の片葉をも事止めて 天の磐座放ち 天の八重雲を 伊頭の千別に千別て 天降し依さし奉りき 此く依さし奉りし四方の国中と 大倭日高見の国を安国と定め奉りて 下津磐根に宮柱太敷き立て 高天原に千木高知りて 皇御孫命の瑞の御殿仕へ奉りて 天の御蔭日の御蔭と隠り坐して 安国と平けく知食さむ 国内に成り出む天の益人等が 過ち犯しけむ種種の罪事は 天津罪 国津罪 許許太久の罪出む 此く出ば天津宮事以ちて 天津金木を本打ち切り末打ち断ちて 千座の置座に置足はして 天津菅麻を本刈り断ち末刈り切りて 八針に取裂きて 天津祝詞の太祝詞事を宣れ

此く宣らば 天津神は天の磐戸を押披きて 天の八重雲を伊頭の千別に千別て聞食さむ 国津神は高山の末低山の末に登り坐て 高山の伊褒理低山の伊褒理を掻き別けて聞食さむ 此く聞食してば罪と言ふ罪は有らじと 科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 朝の御霧夕の御霧を朝風夕風の吹き掃ふ事の如く 大津辺に居る大船を舳解き放ち艪解き放ちて大海原に押し放つ事の如く 彼方の繁木が本を焼鎌の利鎌以て打ち掃ふ事の如く 遺る罪は在らじと祓へ給ひ清め給ふ事を 高山の末低山の末より佐久那太理に落ち多岐つ 早川の瀬に坐す瀬織津比売と言ふ神 大海原に持出でなむ 此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百曾に坐す速開都比売と言ふ神 持ち加加呑みてむ 此く加加呑みてば 息吹戸に坐す息吹戸主と言ふ神 根国底国に息吹放ちてむ 此く息吹放ちてば 根国底国に坐す速佐須良比売と言ふ神 持ち佐須良比失ひてむ 此く佐須良比失ひてば 罪と言ふ罪は在らじと 祓へ給ひ清め給ふ事を 天津神国津神八百万の神等共に聞食せと白す

いかがでしょう。

ずいぶん長く、難しいですが、大祓詞の意味や内容は以下のようになります。

大祓詞の意味・口語訳

 天上の神様たちのお国にいらっしゃいます皇祖神の仰せによって、数多くの神々を一人も残さずお集めになり、御協議なさって皇御孫命(すめみまのみこと)・瓊々岐命(ににぎのみこと)は、豊葦原の水穂の国・日本の国を安穏で平和な国として無事に統治なさるようにと 御委託されました。

 このように御委託された国土のなかには、ご威光に従わずに荒れまわる神々も居り、先ず服従するかどうかを問い糺(ただ)し、それでも帰順せずに反抗する神々は討伐処罰され、岩石や草木の片端(かたはし)のひと葉までもが口やかましく言いたてて居たのが、ふっつりと物を言うことを止めて静かになったように、騒乱の国土も平和に鎮定されたので、天上の御座所をご出発なされ、幾重にも重なりたなびく雲を威風堂々と押し分け押し分け、地上に御降臨(ごこうりん)されました。

 このように、平穏に治めなさいと御委託を受けられた四方の国土の中心として、大和の国の 陽が高く照り輝く美しい地に都を定められ、地中深く土台石の上に太い柱をどっしりと差し立て、屋根の上につける千木(ちぎ)は大空に高々と聳(そび)え立たせ、皇御孫命(すめみまのみこと)・天皇の、荘厳で立派な宮殿をお造り申し、強い天日の覆いとして宮殿にお住みになり(天津神・天照大神の御神力をうけて、その御加護のもと)平和で無事な国家としてご統治なされようとする国土の中に、年代が経つに随って、自然に生まれ、益々殖えていく国民たちが、知らない間や故意に過ち犯した数々の罪悪は、天つ罪・国つ罪など沢山な罪が現れるでありましょう。

 このように幾つもの罪禍が現われ出てきたならば、天上の神様の宮殿で行われてきた神聖な儀式に倣(なら)い、木の枝の元と尖端を切り中程を取って蔓(つる)を編んで結束した置台の上に、多くの祓えものを置き、清い菅麻(すがそ)を木の枝と同じように元と末とを切り捨て、中程の良い部分を取り、針で細かく割き(祓串のようにして祓いの神事を行い)天つ神のお授けくださいました、神秘なお働きをする祓いの祝詞を申し唱えなさい。

大祓詞の意味をざっと解説すると。

 

天孫降臨などの日本の神話に触れつつ、人々が犯した罪の祓い方について述べられています。

ここでは詳しい意味は説明しませんが(別の記事で詳しく解説いたします)、なんとなく大祓詞という呪文のようなものがあるんだなあと理解していただければ幸いです。

大祓詞をyoutubeで聴いてみる

大祓詞(おおはらへのことば)を唱える

大祓詞(おおはらへのことば)を唱える

 

祝詞を字面から理解しようとすると、かえって理解しづらいので、まずはyoutubeなどで大祓詞を聴いてみましょう。

 

まとめ 魂を浄化する効果のある大祓詞(おおはらへのことば)

いかがでしたでしょうか? 

神道で受け継がれた魂を浄化する大祓詞。なんども聴いているとなぜか心が研ぎ澄まされます。

私たち日本人のDNAに大祓詞がなにかの感作を与えているのかもしれませんね。

この記事をきっかけに、年に二回ある「大祓」の由来や、そのときに奏上する「大祓詞」について興味をお持ちいただければ幸いです。

感謝

大祓詞の参考書籍 『開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」』 立花大敬著

開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」 立花大敬著

開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」 立花大敬著

 

あわせて読みたい記事

穢れとは気枯れ ケガレの本当の意味とイヤシロチの力

あめのみなかぬし様 「神様が助けやすい体質になる方法 」【斎藤一人さんの言霊】

自分の産土神を調べ、運の底上げをする 産土神と氏神のちがいについて

 

 

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。