玉串料とは?葬儀や七五三の際の玉串料の相場や、のし袋の書き方、渡し方と包み方について解説!

玉串料に使われる封筒とは?
玉串料に使われる封筒とは?
ライフスタイル

玉串料〜知っておきたい日本のしきたり

玉串料とは?

玉串料とは?

皆さんも初詣のときなどに神社にお出かけすることは多いのではないでしょうか?

神社に出かける目的は人にもよるでしょうが、多くの方にとっては、例えば1年の無病息災や受験での志望校合格、商売繁盛といったお願い事をするという人も多いはずです。また、お守りや絵馬などを買ったりする方もいるでしょう。

さて、神社との関わりがより深い方の場合は単に願掛けをしたりお守りを買ったりするだけでなく、神道形式で結婚式や葬儀を行ったり、何かを建てる際に地鎮祭をとり行ったりする方もいます。いずれにしても、当日は何らかのお供え物や祭壇を用意するなど、神道形式で行うにふさわしい場を用意する必要があるでしょう。

ただ、神道形式の儀式の際にお供え物をお金という形で持参するという方も非常に多いです。

その際のお金のことを「玉串料」といいますが、なにぶん普段の生活で玉串料を持参するということがあまりない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、神道形式の結婚式や葬儀への参列の予定がある方や冠婚葬祭の予備知識を付けておきたいという方に向けて、玉串料についてや初穂料との違い、のし袋など封筒の書き方や渡し方などのマナー、相場などをご紹介していきます。

玉串料とは?

玉串料

玉串料

「玉串料」という言葉を聞いたことのある方はいるでしょうが、一方で玉串料の言葉の意味や何のためのお金であるのかについて詳しく知らない方は非常に多いのではないでしょうか。

そこで最初に玉串料がどのようなお金であるかや名前の由来、渡す場について見ていきましょう。

玉串料の意味とその名前の由来

玉串料の由来となった天の岩戸

玉串料の由来となった天の岩戸

玉串料とは、神道の儀式においてお供えされる玉串と呼ばれるお供え物の代わりとなる金銭のことです。いわば結婚式や葬儀の際に持参する祝儀や香典に近いものとイメージしていただければわかりやすいでしょう。

また、玉串料は神主の方への祈祷の謝礼の意味もありますので、この点では仏式の式典の際に僧侶の方に渡すお布施と同じようなものです。

一方で玉串とは、神道の儀式の際のお供え物でも代表的なものの1つで、榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれる紙をつけたもののことを指します。神道で榊と聞くと、神主さんが儀式の際に左右に振るものというイメージがありますが、これは神道の中で榊が神様の宿った木としてありがたいものであるというのが理由です(「榊」という字は木へんに神と書きます)。

神道で玉串がお供えされるようになった由来は日本の神話の中の記述にあります。天照大神(アマテラスオオミカミ:日本の皇室の祖先とされる女神のこと)が弟神であるスサノオノミコトの乱行におびえて天の岩戸に隠れた、岩戸隠れの際に神々が岩戸から出てきてもらうために使われたお供え物が起源です。神道では榊の持つ意味や玉串の由来から儀式の際のお供え物として一般的に用いられます。

ただし、時代が下るにつれて本来であれば儀式の場に用意すべき玉串を用意できないということも増えてきました。そこで玉串を用意できない代わりにお金という形でお供えするために使われるようになったのが玉串料です。

ちなみに、神道の儀式の際に参列者が玉串を捧げる儀式を「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」といいます。

玉串料はどんな時に渡すもの?

神前結婚式

神前結婚式

玉串料について大体の意味や由来はわかったけれど、それでは玉串料はどういう時に渡せばよいのか、と現時点で気になっている方も多いでしょう。ここでは玉串料を渡す場面について見ていきます。

玉串料は一般的には神道で行われる各種の儀式で渡します。具体的には神前の結婚式(神式結婚式)や神葬祭(神道形式の葬儀のこと)、七五三の祈祷、お宮参りといった神道に関わる冠婚葬祭ごと全てにおいて持参が可能です。

ただし、神道の儀式の後でお守りやお札を授かる場合は玉串料を渡すのは不適切とされております。この場合は初穂料としてお供えするのが一般的です。

玉串料と初穂料の違い

初穂料

初穂料

神道関係でお供えする金銭は玉串料だけではありません。玉串料と非常によく似た金銭として初穂料が挙げられます。一見すると同じにさえ見える両者ですが、はたしてどのような点で違いが見えるのでしょうか?

ここでは、玉串料と非常によく似ている初穂料についてもご説明いたします。

初穂料とは?

初穂料の由来は稲にある

初穂料の由来は稲にある

初穂料は、もともとはその年に最初に収穫されたお米を意味していました。つまり、めでたく無事に収穫できたことを神様に感謝するためにその年に最初に収穫されたお米を神前にお供えしたものです。後に他の農作物や魚介類で最初に獲れたものをお供えするようになったことから「初物」という言葉も生まれました。

しかし、一方で農家や漁師の方以外の人々の場合や運悪く凶作だった場合は、初物をお供えすることが難しいということも起こります。そこで初物をお供えする代わりにお金を納める形にしたのが初穂料です。

玉串料と初穂料はどう使い分ける?

神葬祭の場では初穂料は渡されない

神葬祭の場では初穂料は渡されない

それでは初穂料はどのような場面で使われ、また玉串料とどのような違いがあるのでしょうか?

初穂料も玉串料と同じように神前結婚式や七五三など神道のさまざまな儀式で使われます。ただし、神道の葬儀である神葬祭では初穂料は渡されません。これは玉串料と違い初穂料は神様に感謝するためにお供えされるお金という性格があるためです。

つまり、故人が亡くなったことは感謝すべきことではないことから、葬儀では初穂料を渡すということはありません。

このため、葬儀の場で包んだお金に「初穂料」という書き方で記すことは間違ってもしないように気を付けましょう。

玉串料はどんな封筒に入れるべき?

玉串料に使われる封筒とは?

玉串料に使われる封筒とは?

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。