スカルパ ドラゴは超軽量で柔らかいクライミングシューズで、強傾斜で活躍するシューズです。今回はそんなドラゴのレビューやおすすめポイントを紹介していきます。


トータルスコア
74 / 100
  • エッジング: 8
  • ヒール: 8
  • 履き心地: 8
  • 強傾斜: 8
  • 足裏感覚: 10


価格比較
スカルパインスティンクトVS最安値サイト1 18,700円
スカルパインスティンクトVS最安値サイト2 18,700円
スカルパインスティンクトVS最安値サイト3 13,660円
(為替により変動)
スカルパインスティンクトVS最安値サイト3 18,700円
スカルパインスティンクトVS最安値サイト3 18,700円


インスティンクトVSの特徴
ストラップベルクロ
トゥタイプ強ダウントゥ
シェイプターンイン
ソールビブラムXSグリップ2
アッパー素材マイクロエード+レザー
クライミングタイプボルダリング / リードクライミング(シングルピッチ)

スカルパドラゴを徹底分析

全体レビュー

スカルパドラゴの一番の特徴は、その軽さと柔らかさです。重量はたったの200g(ソリューションは255g)で、触ったり履いてみるとその違いに驚きます。

履き心地や足裏感覚は他のシューズよりも優れていますが、その分スラブには向いていません。粒ホールドを踏んだりするには剛性が足りないので、課題を選ぶクライミングシューズです。

トゥはアグレッシブなダウントゥですが、トゥはインスティンクトVSほど狭くなっていません。ラバーは粘着性のあるビブラムで、アッパーにもラバーがついているのでトゥフックはバチききします。

それでは細かく見ていきましょう。

履き心地

スカルパドラゴレビュー

スカルパドラゴはクライミングシューズの中で一二を争うほどの柔らかさと軽さです。トゥが少し幅広めになっているので、窮屈さもあまりありません。

とにかく柔らかいので、クライミングシューズを買ったばかりに感じる窮屈さや痛みがありません。買ったその日にクライミングができるほどの快適さとも言われています。

ただしラバーの剛性によるサポートが少ないため、エッジング時などにより力をこめる必要があり、登り終わったあとに通常より足が疲れるという意見もあります。その点で履き心地スコアは8です。

この履き心地に加えて、アッパーに使われるマイクロスエードは履いているとストレッチしていくため、他のスカルパのシューズよりハーフサイズダウンで買っても大丈夫です。

エッジング

スカルパドラゴエッジング

エッジングはドラゴの弱点です。ラバーや素材の剛性が弱いため、小さいホールドに乗るのには硬さが足りません。形はターンインしているので、ポケットで掻き込むことはできます。

スメアリングもシューズの形が変わりすぎて、ラバーの反発性がないので足にしっかり力を加えないといけません。これをドラゴの悪いところととるか、フットワークを鍛えられるチャンスと捉えるかはあなた次第です。。

ヒール

スカルパドラゴヒール

足裏感覚

スカルパインスティンクトVSはソールが硬めなので、足裏感覚がすごくいいシューズとはいえません。スメアが必要なスラブ課題では力を発揮しづらいシューズといえます。

最安値サイト

スカルパインスティンクトVSの最安値サイトは、EPIC TVの約13,660円です。EPIC TVの凄いところは、自分の持っている他のシューズからぴったりのサイズ教えてくれるサイズカルキュレーターです。

海外のシューズは基本的に海外サイトでの購入が安くすみます。英語は苦手、、という方でも住所を英語で入力さえすれば簡単に買えます。

結論

足の形から人を選ぶシューズではありますが、エッジング・履き心地・ヒールと弱点のない高パフォーマンスでオールラウンドなクライミングシューズです。

ダウントゥやターンインもそこまでアグレッシブではないので、初めてダウントゥシューズを買う人にはおすすめのシューズです